FC2ブログ

ニセコ行脚。

3/8~3/12まで、初めてのニセコtrip。

各日の日記とは別に、旅全体の手段や費用をまとめとして記録しておきます。

まずは、2月の初めての北海道trip in 富良野との比較。
富良野では、宿泊とリフト券がシーズン券の特典でしたので、
ジェットスターの航空券と追加の宿を楽天で手配したツアーとなりました。

富良野 2/8~2/14(6泊7日)

リフト代→無料
宿泊→追加の2泊(6,400円)
交通費→新前橋~東京間JR電車代(4,000円)
      東京~成田間バス代(2,000円)
      新千歳~富良野バス代(7,500円)
      成田~新千歳飛行機代(15,000円)
往復合計→(28,500円)
荷物宅急便→(3,500円)

合計約38,000円(食費除く)

ニセコ 3/8~3/12(4泊5日)

ツアー代金→(95,000円)
(宿泊、食事、リフト、飛行機、バス込)
交通費→新前橋~羽田間電車代(5,000円)
荷物宅急便→(3,500円)
ガイド代→(32,000円)

合計約135,000円(食費込)


日数の違い、シーズン券の有無、ガイドの有無、食費込など
単純比較できませんが、富良野よりだいぶ高くついた(笑)

それでも、格安ツアーを利用したので、普通に単品で色々手配するよりお得だったと思います。
今回利用したのはJ tripという北海道スキーツアーの会社。

決め手は「一人旅」プランがあったという事だけ(笑)
ニセコの場合、宿泊が一人だと、バックパッカーとかならいっぱいあるんだけど、ホテルだと公式サイトや旅行サイトだと設定がないんですよねぇ。

アンヌプリスキー場目の前で、今回宿泊した「ノーザンアンヌプリ」も、このツアー会社経由でないと一人宿泊のプランは見当たらなかった。



航空会社は「JAL」



前回、初めての飛行機ではLCCのジェットスターを利用しましたが、
格安航空といえども、特に不満はありませんでした。



予め、窓際席を予約しましたが、後部座席はガラガラで、移動しているお客さんもいらっしゃいました。

ジェットスターのデメリット、JALのメリットですが
◆やっぱり成田より羽田の方が近くて便利。
 (前橋からでも、交通費、時間共に安くて早い。)
◆タッチアンドゴーというシステムで、スマホをかざすだけで搭乗できちゃう。
◆受託荷物がJALなら無料で沢山預けられる。
◆搭乗中のドリンクが無料。

わたくしめ的にはこの程度でした。
逆に言えば、荷物があまり無く、成田まで行ける時間に余裕があるのなら、LCCで十分かなぁ。

セールの時なら、成田~新千歳往復で、1万切る料金はやっぱり魅力です。

ただし、まだ2往復しか経験のない飛行機、
2回とも定時運行され特にトラブル等無かったので、何かあった時はどうなんだろうな、って未知な部分があります。



宿泊先「ノーザンアンヌプリ」

決め手は



「パウダーカンパニー」のガイドツアーに参加するのに、一番近いホテルだったから。
一言ニセコといっても、かなり広いエリアにスキー場がいくつもあります。
規模的に、ヒラフでの宿泊と迷ったのですが、
バックカントリーの朝は早い、ここなら、ゆっくり温泉入って朝食も食べられるって事で。



とても綺麗で落ち着いた感じのホテル。
ひとつひとつの空間が広めにとってあるので、開放感があります。



塩素の投入はあるようだけど、一応かけ流しの温泉。
露天風呂は必須項目です。

そして当たり前かもしれませんが、宿泊中何度でも無料で利用可能。
プリンスは富良野も苗場も有料なんで、嬉しかった(笑)
ちなみに、チェックアウト後も利用可能なので、最終日滑走後、バスを待つ間にも堪能させていただきました。



そして、これは嬉しい誤算でしたが
ダブルの部屋が用意されていました。

基本的に観光地のホテルってツインの部屋ばかりなんですよね。
一人宿泊でベッドが二つあっても、結局狭いベッドで寝るだけなんで、ダブルのベッドを独り占めできたのは、
普段車泊で暮らしているわたくしめには贅沢スギル(笑)

あと、このホテル、綺麗でお洒落な雰囲気なのに、喫煙OK。
海外からのお客が多いニセコ、全面禁煙の宿泊施設ばかりだったので、これも決め手になりました。



立地は本当に抜群。

スキーロッカーを出れば、目の前がゲレンデ。

苗場とかゲレンデ直結ホテルは数あれど、ここは出たらそのまま滑れる本当にゲレンデ中間にあります。
和田小屋より、すぐ滑れるって意味では目の前です。



食事は、朝食昼食夕食ともブッフェスタイル。



特別スゴイ食材が出るとかは無かったのですが、安定したクオリティで平均点以上ではないかと。
今回は、滑りに主体を置き、アンヌプリ宿泊なので、ヒラフの街にグルメ行脚とかは考えてなかったので
滞在中の食事は全てホテル内でしたが、5日間いても飽きない内容でした。



ツアーの特典はリフト代が込だった事なのですが…。

今回、5日間滞在して、アンヌプリゴンドラの稼働はゼロ…。
結果的に、リフトが稼働しなくて、バックカントリーで楽しい場所に行けましたが、
元々高額なニセコのリフト券なのに、
今回は数時間だけとか、ナイターだけとかの勿体無い使い方をせざるを得ませんでした。

ま、これは天候の問題だし、仕方ないですね。



ヒラフナイターを滑る為、一度だけ全山へのグレードアップをしました。

本来、毎日朝から全山にしてツアー的に回れたらなって計画だったのですが(笑)

今回の初ニセコtrip、天候に恵まれなかったのは事実ですが、
3月という時期を考えれば、新雪にもありつけたし、想定外の羊蹄山やチセヌプリにも行けたし、
ホテルの居心地は最高だったしで、富良野から帰ってきて決断して大正解でした。

欲を言うなら、やっぱり、もっと早い段階で計画を立て、トップシーズンに行きたかったかな。
5日もニセコにいたのに、ニセコ全山のゲレンデはほとんど未知なまま。
ちょこっとしか体験しなかったのに、あんなに素晴らしかった事を思うと、
未知な部分を追及したくてたまらなくなりました。

来シーズンは、ニセコに籠っているかも(笑)!?


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
関連記事

コメント

非公開コメント