FC2ブログ

軽井沢プリンスのリフト券と、マクドナルドのダブルチーズバーガー。



本日は、軽井沢のリフト券のお話。

軽井沢は天然雪はあまり望めませんが、気温が低い土地です。
その気象条件を活かし、人工降雪機と人工造雪機をフル活用し早期オープンするスキー場として有名です。

北陸新幹線軽井沢駅からすぐの場所にあり、上信越自動車道碓氷軽井沢ICからも近いので、
首都圏からのアクセスも抜群です。



そんな高コスト&好立地なスキー場ですので、リフト券は高いです。

軽井沢プリンスホテルスキー場リフト料金

トップシーズン(12/19~3/6)は、1日券5,300円です。
更に、土日祝日は駐車場料金1,000円まで徴収します。

これはもう、ヒトリストでふらっと滑りに行ける金額ではない(笑)

初滑り期間(10-31~12/18)は、割引期間で、1日券が4,500円。
それでも高いですね。

おすすめは、公式ホームページのクーポン使用で、1日券が4,400円になります。
100円しか割引ないけど、ドリンク券と(平日のみ)食事券1,000円分が付いてきます。

価格設定に疑問ありなのが、「2日券」
初滑り期間の2日券は、8,400円

クーポン使用で1日券2枚購入だと、8,800円。
400円高いけど、2日分の食事とドリンクが付いてくると考えれば、
クーポン使用で1日券2枚購入した方が得な気がしませんか?

日帰りの場合、スキー場で食事はしないって方も多いかと思いますが、
2日滞在してたら、さすがに何か食べるでしょう。

そもそも、誰でも無料で入会できるSEIBU PRINCE CLIBのカード提示で、いつでも500円割引。
つまり1日券2回購入で、2日券買うより安い8,000円です。

個人的な考えですが、
近年のスキー場は、日帰り客が多くて、宿泊客は修学旅行生や海外からのお客などの割合が増えているような気がします。
そんなご時世、複数日滞在して滑走してくれるお客さんは貴重だし、少しでも優遇したらいいのになと。

クーポンや会員カード提示の方がお得感がある価格設定に疑問を抱きます。
正規料金の複数日券こそ一番お得な設定にすべきだと思うんですよねぇ。

リフト代1日で4,500円が、2日で6,500円とかだったら、「翌日も滑ろっか!」ってなる人いると思うんだけどなぁ。

スキー場とは全然関係ありませんが、
マクドナルドが先日数年ぶりに価格を統一し、ホームページにも価格が掲載されました。

ダブチの値段がおかしいと!ちょこっと話題になりましたが、
ダブチの値段がおかしいのは昔からです。

あれはバンズを1枚抜く手間賃とかではなく(笑)
そもそもチーズバーガーがサービス価格なんですよね。
ダブルチーズバーガーの価格が本当の価格。

10年くらい前の、ケイタイクーポン創成期をたっぷり堪能してしまったわたくしめ達世代は、
今のマックの価格はあり得ない価格です。

あの頃は、
ダブチなんて150円、セットで300円でしたからね(笑)

日本マクドナルドHDの赤字問題、
遺物混入やら期限切れ食材など「食の安全」系の要因が取り沙汰されていますが、
食品を扱う業種で「食の安全」系のトラブルは、ある程度は想定内じゃないかと。

無事故無違反って中々ないと思うのです。
(いや、無違反はなきゃダメだw)
もちろん、その後の対応とか失敗しちゃった部分もありますが、
売り上げ低迷の一番の原因は、過去のクーポン乱発だと思うんですよね。

今の価格は高すぎる(過去との比較で。)
今の価格が適正価格だとしても、一度味わってしまった過去の甘い汁…。
どうしても比較してしまいますよね。

そもそもマックに食の安全なんて全然求めていません。
ただただ、ジャンクな食事を求めるだけです。
健康志向な方は、そもそもマックなんて行かないでしょう。

話がだいぶ逸れましたが、
クーポン乱発もダメ、やりすぎ割引もダメって事です。

プリンス系のスキー場は、価格面ではむしろ値上げ傾向にあるので、マクドナルドのような心配は無縁ですが、
長期滞在や永年リピーター向けの割引、サービスにもうちょっと力を入れてもいいかなぁと。
それが、長~い目で見てスキー場も来場客も一番嬉しいサービスなんじゃないかなぁと思いました。


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント