FC2ブログ

光ヶ原キャットツアーへ。

15-16シーズン 74日目 天候:晴れ
2/27(土) 光ヶ原高原でキャットツアースノーボード。

念願の、光ヶ原キャットツアーに参加しました!

予約で定員になっていたツアーでしたが、
3日前にまさかのキャンセルが出て、奇跡の滑りこみ参加。
ドキドキしながら、かぐらから妙高上越方面へ。



キャットツアーとは、
雪上車で誰もいない雪山に搬送していただき、
ガイドさんと滑走する、登りが無いバックカントリーツアーです。



いざ、道具を積み込み、キャットツアー開始!



新潟県上越市にある、光ヶ原高原という牧場がある山が本日の遊び場です。

妙高上越地域は、日本屈指の豪雪地帯ですが、
やはり今年は記録的な小雪だそうで。
例年よりも2メートルほど積雪が少ないそうです。

かぐらから妙高へ向かう道中も、驚くほど雪が少なく、
道路や市街地はほとんど積雪なし。
湯沢の街と同じ様な光景でした。



例年より少ないといっても、そこは豪雪地帯の光ヶ原高原。
キャットに乗り、いい斜面と、新雪へガイドさんが案内して下さります。



1本目からテクニカルな斜面。
もうすでに、満足してしまう楽しさでした。



再びキャットに乗り、次のドロップポイントへ。



気温が上昇してきましたが、雪はまだ大丈夫。
いいスプレイ上がります。



急斜面やツリーラン、沢など、バックカントリーとしては定番の地形で遊びますが、
広大な牧場を滑れたのが印象的でした。
スキー場や裏山では、こんな光景あり得ません。



天気に恵まれ、妙高上越の街並や山々が美しかった!



ランチは高原の山荘にて。



お洒落な食事もツアー代金に含まれています。



午後もいい斜面いい雪を求めて、キャットは走ります。



「野沢温泉スキー場」が目の前。



昨年、春のお散歩BCを楽しんだ「鍋倉山」も目の前。
※鍋倉山については→こちら



午後になって、雪質が悪化してきましたが、ある所にはあります。



牧場目指してドローップ!



ラスト1本!



ベースまで滑りこんで終了!



お疲れ様でした。



ベースからは、板をトラックで搬送していただき、
人はマイクロバスで集合場所の温泉まで移動。

温泉で滑走の疲れを癒し、本日1日を回想。
まだまだだなぁと、打ちのめされた1日でした(笑)
ゲレンデや勝手知ったる山ではそこそこ滑れるかと錯覚しておりましたが、
初めての地形で全然ダメなのだから、乗れていないんだなと。
まだまだ修行が足りません…。

キャットツアーの感想ですが、
一言で表せば「楽しい」です。

しかし、
ひとつひとつの斜面は短いです。
ニセコや富良野なのでは、この数倍の滑走距離をリフトで回せるし、
滑走だけで言えば、かぐらや野沢のサイドカントリーの方が上かなぁ。
登るのが嫌いな方や、体力的に厳しい方、
また、休暇が取れず日帰りで気軽にBCを楽しみたい方、
などなど
お金持ちのオジサマオバサマや、海外からのお客さんには、最高のツアーでしょう。

わたくしめ的には、やっぱりバックカントリーは登って滑るモノ。
登りも楽しみの一部だし、
登頂して見る景色と、運んでもらって見る景色では、見えるモノが違う気がします。
ランチも、室内でお洒落なモノをいただくより、大自然のワイルド料理の方が美味しいです。

あと、キャトに乗る事が楽しみだったのですが、
楽しいのは最初だけでして…。
排気ガスて苦しく、キャビンは全員座れないので、
満員電車のような疲労感です。
どうせ疲れるなら、ハイクで疲れた方が気持ちいいモノです。

でもたまには、こんな「大人の高級ツアー」もいいかな。



セレブな一時をありがとうございました!


使用板:GENTEMSTICK / BIG FLOATER
ビンディング:FLOW / NX2-AT
ブーツ:NIKE SNOWBOARDING / ZOOM “怪獣” KAIJU


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント