スキーブーツ用ソールプロテクターを購入してみました。

今シーズンはスキーブーツを新しくしたので便利アイテムを購入してみました。



REXXAM(レクザム)のブーツソールプロテクター“FOOT WALKER(フットウォーカー)”



スキーブーツのソールの摩耗を防ぐとともに、歩行時のスリップを防止する、
スキーヤーの為のマストアイテム、との事です。

以前のブーツは、そんな事気にせず酷使し続けておりました。
ウッドデッキの上でブーツが滑って転んで、肋骨骨折した事もありました(笑)
イエティ骨折事件。

スキーブーツのまま、月山山頂の月山神社までお参りしたり、乗鞍のスキーヤー登山道もガシガシ登りました。
月山神社へ遭難編。 ⇒月山神社現る。 ⇒山頂編。 ⇒下山編。

そんなだから、以前のブーツはソールボロボロ。
ボロボロにすり減ったソールは雪が絡み付きやすい気がします。
雪だらけのブーツってビンディングの装着が物凄く大変。

以上の様な事が改善されればいいなぁと。



気になるのがサイズ。
サイズ:フリーサイズ(ソール長263mm-323mm)と表記されたワンサイズしかなく、
わたくしめのブーツ、ソール長が326mmなのです。

まぁ、TPU素材なので(スマホのケースなどで使われているゴムとプラスチックの中間みたいな素材。)、
3mmくらいなら装着できるかなと、ネットでポチっと。



このように、ネジで細かくサイズ調整ができるフリーサイズ。
一番長くなるように取り付けて装着します。



あれっ!?
全然余裕がある。
と言うか、これじゃブカブカで外れてしまう。



ひとつサイズを下げてピッタリ。
表記の適合サイズよりかなり大きめまでOKなのでした。
(※ブーツサイズ30cmくらいまでは大丈夫。)

これで、雪が無いアスファルトの上でも、ピスラボの上でも、登山道でも、
快適に歩けて、ソールを傷めない!

さっそくかぐらにて使用してきましたが、
とっても歩きやすい!
ブーツをウォークモードにすれば、スノーボードブーツと同じ感覚で歩けます。

滑走中は、腰にぶら下げても良いのですが、少し邪魔なので、ザック置き場に括り付けておきます。
ただし、忘れ物には要注意(笑)


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント