森林限界より上は超爆風、顔が凍り一歩も進めません。

16-17シーズン 62日目 天候:晴れ~曇り
2/22(水)  Mt.乗鞍スノーリゾートでスノーボード。

つづき



超爆風の乗鞍岳。
「摩利支天岳からの滑走」それだけが突き進む原動力。



稜線まであと100メートルくらいとなりました。

しかし!

標高約2,700メートル地点でついに力尽きました…。

爆風に煽られ立てない!
顔が全面凍りつき、指が動かせない!

こんな極限状態になったのは初めて。



まるで三歩くんの心境…。



ここは勇気ある撤退が必要。
夏の乗鞍大雪渓でお馴染みの避難小屋に退避します。

冬は小屋の扉は閉ざされていますが、
森林限界を超えたこの場所で風よけになるモノはここくらい。
下りでスノーシューが外れたりトラブルもありましたが、どうにか辿り着きました。



放心状態(笑)

低体温症になりかけだったのか、思考回路がおかしく周りの状況など覚えていません…。

風をよけるだけでこうまで違うのかってくらいここは天国。
凍りついた顔もすぐに融け、指も動くようになってきました。
風は物凄かったけど、天気は晴れだったのが幸いしました。
お日様の力って偉大ですね。

スキー場ではほぼ無風でしたが、標高を上げ森林限界を超えたら天気は急変します。
超爆風の中、ザックの中からシェルジャケットやゴーグルを取り出す事すら出来ませんでした。
ビーニーとサングラス、フード無しの状態ではこの世界で生きていけません。
顔全体が凍ったなんて初めてだし、前も見えない、思考停止、何も出来ません。

今回は色々反省点、改善点があり良い勉強になりました。
まず山をなめていたわけではないのですが、少し気の緩みが…。
標高3,000メートル級の冬山に登る心構え、ちょっと足りなかったかな。

かぐらだと強風ならゴロマが運休なので上のエリアに行きません。
そもそも神楽峰とでは標高が1,000メートルも違うし。
夏の乗鞍だとこの場所までバスで来られます。
暑くも寒くもなく「避暑地だねぇ」なんてよく話しています(笑)

かぐらや夏の乗鞍に慣れ過ぎた弊害かもしれませんが、山では言い訳が通用しません。
でも、そんな山がやっぱり好きなんだなぁ。
街で生活していると、つい誰かのせいにしたり頼ったり甘えてしまう時もあります。
いざ、極限の状態になったら誰も助けてくれないし、自分でどうにかするしかありません。
そんな厳しい世界だからこそ、楽しさもあるのです。
自然って素晴らしいなぁと改めて体感できました。



そして、勇気ある撤退が出来る素晴らしい仲間に感謝!

残念ですが、今年もここからドロップです。
滑走準備が整うといつのまにか皆笑顔(笑)



乗鞍のスーパー山漢Hマスターに続きます。



いざ位ヶ原の急斜面へ。



昨年はここまでも来られなかったけど、今年はアタリ!漢H氏
まずは半分目標達成です!



あの爆風の中、フリースのグローブだけでへっちゃらのK氏



NRTセンセは登りで体力を奪われてしまいましたが、滑りはやっぱりです!



わたくしめは、安全安心の低速滑走(笑)



Hマスター、今年もありがとーございました!!



NRTセンセはゲレンデに戻っても鬼のビッテリーターンを研究中
これはまだ滑り足りないって事ですね(笑)

つづく。

スキー場発表積雪量:170cm

使用板:GENTEMSTICK / SPEEDMASTER HAKKODA SPECIAL
ビンディング:FLOW / NEXUS FUSION
ブーツ:BURTON / ION


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント