スキー&スノーボードだけじゃない、乗鞍は最高の避暑地。

16-17シーズン 153日目 天候:晴れ~曇り
6/29(木) 乗鞍大雪渓でスキー。



6月も終わろうという季節になりました。
梅雨明けはもう少し先となりそうですが、気温的にはすでに夏。
都会では連日寝苦しい夜が続いています。

しかし、
ここ乗鞍は夏でも快適、最高の避暑地。
大雪渓はもちろんですが、ベースとなる乗鞍高原も標高は1,500メートル前後、
日中でも汗ばむ様な気温はほとんど無く、夜は半袖で滞在するなんて無理!
長袖のスウェット上下で毛布に包まって就寝です。

熱帯夜やエアコンの寒さに疲れた都会人の休日にぜひおススメ!
スキーやスノーボード、登山やサイクリングが出来て避暑まで出来る、
なんて贅沢なのでしょう!!

乗鞍大雪渓へのアクセス、雪渓や乗鞍高原での楽しみ方は⇒こちらに詳しくまとめてあります。



そして、この時期最大の魅力は、
バスを降りたら目の前から雪渓!
バス停前からすぐに滑走出来るのは今だけです。

今年は積雪豊富なので、第1ステージは8月までイケそうですが、
最短で雪に辿り着き、長い距離を滑走出来る“今”が夏乗鞍のハイシーズン!



梅雨時期ですが、今年はあまり雨にヤラレズ恵まれております。
本日の天気予報はお昼くらいから雨マーク。
到着時は気持ちのいい快晴で雨の降る気配無し。



早めの下山も視野に入れ、楽しいコブをガッツリいただきます。



ふと、コブラインのトップ横、登山道が埋まっている誘導ロープ周りを眺めると、
昨日無かったハイマツが雪の中から飛び出しておられます。
1日でここまで変わるかぁ、ハイク後は風景の観察でまったりと。



良く観れば、大雪渓入口もこんなに融けてきました。



月山からポルナレフ状態で辿り着いた2週間前、
まだ道路と雪渓にはほとんど段差がありませんでした。
今はすっかり川が出来上がっております。



真夏みたいな雲の下、



春雪のようなやわらかいコブを堪能。



乗鞍大雪渓サイコー!!



予報通りお昼くらいから雲行きが怪しくなってきました。
雨天滑走は出来るだけ避けたいので、3便で下山する事にしました。

実は下山バスの時刻を勘違いしていて、
1時間以上前に片付けをし、もう一度滑走準備しておまけ滑走したのはご愛敬(笑)
今週末7月からは岐阜県側の畳平まで乗り入れる「シャトルバス」が運行され、
バスの本数も大幅に増えるのでこんな事もなくなります。

乗鞍高原~乗鞍岳畳平シャトルバスのダイヤ⇒http://www.alpico.co.jp/access/kamikochi/echoline/

7/1から10/15まで基本のAダイヤは、6:10始発、以降7:00、8:00、9:00、9:30、10:00…と、
1日11本のダイヤで雪渓からの下り最終は17:09、出発も下山も自由度が増します。



常連Y氏はマイラインを造りだし、ヤメられなくなってしまったようで、
一人雪渓に残り掘り掘り(笑)
乗鞍大雪渓、愉快な常連さんばかりでホント楽しい空間です。

使用板:LINE / FUTURE SPIN
ビンディング:LOOK / PIVOT12
ストック:LINE / GRIP STICK GREEN
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

乗鞍大雪渓で夏スキー・夏スノーボード【取扱説明書】

http://golgo13zilch.blog.fc2.com/blog-entry-2527.html


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント