台風の影響でシャトルバス運休、しかし乗鞍変態平日組はマホカンタの呪文を唱えた! 禁断の「鈴蘭返し返し!」の巻。

16-17シーズン 177日目 天候:晴れ時々曇り
8/9(水) 乗鞍大雪渓でスキー。

前日8/8は台風の影響で終日シャトルバスが運休となりました。
予報では8日夕方くらいには台風が通り過ぎ、天気は回復傾向。
のはずでしたが、深夜になっても大雨…、今回の台風、のんびり屋さんのようで…。

こうなってくると、心配なのが“雨量規制”
仮に翌朝天気が良くても、前日の雨量が多いと道路が通行止めになってしまうのです。



本日早朝の乗鞍高原、山側は雲がモクモクしていますが、
高原内はスカッと台風一過の快晴!
観光センターから現れた虹が我々を歓迎してくれているようです。

しかし、

無常にも始発便は運休…。
常連さんの情報によると、予想通り「スカイラインが雨量規制の為通行止め」だそうで。
とりあえず、9時便くらいまでは運行がほぼ見込めないとの事。

嗚呼…!!



せっかく始発便に間に合うように早起きしたのに…。
仕方なく早朝から不貞風呂(笑)



運行される気配がないバス乗り場で戯れる夏乗変態平日組(笑)
こ、これは…、
一ヶ月前の悲劇「鈴蘭返し」の再来ではないか!?

実は、前日深夜、どしゃ降りの雨だった時点で薄々覚悟はしていたのです。
このような天候パターンだと、ほぼ岐阜県側が通行止め。
エコーラインは通行可能だけど、スカイラインが不可のパターン。

変態組の頭の中はすでに“メープルのから揚げ”に移行しつつありました(笑)

しかし、
諦めきれない禁断の呪文を唱えました。
「マホカンタ!」
鈴蘭返し返しだぁ!!



なんと、松本市内からジャンボタクシーをチャーター(笑)
本日のような通行止めパターンだと、タクシーなら大雪渓まで行く事が出来るのはわかっていましたが、
普通のタクシーじゃ板などの道具が人数分積めないしね、と思っていましたが、



この大型タクシーなら9人まで乗車出来、トランクの容量も十分。
あれ? 十分な容量があるのに、スコップだけ積み込む御方が1名…(笑)



1号機、無事大雪渓肩の小屋口到着。



続いて、2号機も到着。
皆さんテンション高い(笑)
シャトルバスより約10分ほど時間短縮です。



シャトルバス運休日だというのに、
夏乗変態平日組、執念でまさかの大雪渓に集結。
“鈴蘭返し返し”恐るべし!!



結局、シャトルバスは終日運休となりました。

ここで、今一度乗鞍岳へ訪れる交通手段をおさらい。
日本で一番高い自動車道で標高2,700メートルまで訪れる事が出来る乗鞍岳ですが、
岐阜県側の道路「乗鞍スカイライン」、長野県側の道路「乗鞍エコーライン」
そのどちらも通年でマイカー規制が行われており、一般車両は通行出来ません。

冬季は雪に閉ざされる為、通行可能期間は7月から10月まで。
(4月から6月までは例外的に春山バスが運行されます。)
その期間、通行できるのは、
シャトルバス、観光バス、定員11名以上のマイクロバス、タクシー、自転車、許可車両、徒歩、
のみとなります。

スキー&スノーボード目的で入山する場合、一般的にはアルピコ交通が運行するシャトルバスを利用する事となります。
気になるのは、悪天候時のバス運行状況です。
普通の悪天候時の場合は「Bダイヤ」として運行本数の少ないダイヤで対応しますが、
「雨量規制」に達するほどの大雨の場合、バスは運休となってしまいます。

ここで問題なのが、この雨量規制、24時間の累積による計測で規制されるのです。
今晴れていても累積数値が基準に達したらアウト。
更に、厄介なのが、長野県側の規制ではなく岐阜県側の規制なのです。
具体的には、24時間雨量が70mmを超えた場合らしいのですが、どこに計測機器があるかはわかりません。
大雪渓は長野県なのだから、問題ないじゃんと思われますが、
観光センター発のシャトルバスは岐阜県側「畳平」で折り返すので、ちょっとだけ岐阜県を走る事になります。
このちょっとの区間が雨量規制になると全区間運休になってしまうのです。

岐阜県側のゲートが閉じられるだけなので、長野県側の通行は可能。
つまり、タクシーや自転車、マイクロバスなどシャトルバス以外は通行出来るのです。
今回はそのタクシー、しかも観光センターに常駐している普通車タイプのタクシーではなく、
大型タクシーを松本市内からチャーターしたので雪渓に辿り着けました。

長野県、岐阜県、道路は国土交通省?、色々な管轄が判断していると思われるので、
アルピコ交通に運行状況を聞いても「わからない」としか言いようがないみたい(笑)
そもそも、こんな標高の場所に道路があり公共交通機関がある事だけでありがたいのだし、
こればかりは仕方ないですね。

こんな時くらい、春山バスのような大雪渓で折り返すシフトに切り替えて運行してもいいような気がしますが、
それを決めるのはアルピコ交通、やらないという事は採算が合わないのか、規制でもあるのか…、
理由は分かりませんが、本日の観光センターに溢れた人々を見る限りお宝(観光客)を逃しているように思えます。

ちなみに、ジャンボタクシーの費用。
観光センターから大雪渓まで、往復で2万円也。
もっと高額かと思っておりましたが、かなり良心的なお値段です。
往路復路の時間指定が出来9人まで乗れるので、8人以上集めればバス代より安くなります。
これでもう“雨量規制”も怖くない(笑) “鈴蘭返し返し”の効果は絶大です。
夏乗平日組は更なる変態道に突入(笑)



一時は「昼からメープル」に傾きかけましたが、
何故か大雪渓にいる喜び(笑)

平日組の中でもより変態度の高い猛者達は「第3ステージ」へ上がります。



わたくしめ等ビギナー組は「第1ステージ」へ。
台風の影響で荒れていますが、まだ滑走可能です。



恐らく今日明日で最後となるであろう第1ステージ。
ありがたく整備させていただきます!



シャトルバスが運休だなんて信じられない素晴らしい天気。
バスが上がってこないので、登山客も含め人はほとんどいません。
運休の理由は上記の雨量規制なので、やっぱりもったいないです。



本日の殊勲賞K氏、
この諦めきれない漢のおかげで我々11名は雪渓に立つ事が出来ました。
ありがとーございます!



気になる岩はどんどん隠します(笑)



もう短いのであっという間に整備終了。
美しいコブになりました!



いただきま~す!



最初のターンでいきなり岩をかわす技術が求められ、シビレますが、
慣れるとこれが面白い(笑)

ここから滑り始め、下段最後まで滑ると10コブ。
岩の下からフィニッシュを安全圏でエスケープすると7コブ。
いよいよ終わりが近づいてきました。

昨年は少雪すぎで例外として、同じくらいの雪量だった2015年と比べてみます。

2015年
8/10の日記。
8/11の日記。
8/12の日記。
8/13の日記。
8/14の日記。
8/16の日記。
8/18の日記。
8/19の日記。

7月くらいまで2015年並みの雪量でしたが、今年は7月下旬から8月にかけて雨が多く雪融けが進みました。
こうやって当時の日記を振り返ると2週間くらい雪融けが早いかな!?

しかし、
同じような状態になってから意外と粘っていたようで…、

8/24の日記。
8/25の日記。
8/27の日記。

第1ステージ最終滑走日は8/28でした。

8/28の日記。

今年はお盆期間で終了かな。



乗鞍ブルーの下、ラスト第1ステージを楽しむK氏!



すっかり夏乗がお気に入りS氏!



ぐんまちゃんのお土産をいただく群馬県民(笑)



第3ステージでアクシデントが発生し、今季初めてここまでやって来ました。
雪の量は十分、多すぎて鬼の長さのコブラインが待ち受けております(笑)

不幸中の幸い負傷されたS嬢は思っていたよりは軽傷で一安心でしたが、
道路から遠いこちらのエリアは細心の注意が必要です。
そして信頼できる仲間と行動する事が大事。

夏乗変態平日組の連携プレイで負傷者も無事下山出来ました。
ショックだったのが、女の子一人を背負う事が出来なかったわたくしめの壊れた膝…。
そして、第3ステージからの下りが非常に辛かった事…。
踏み抜き膝カックンやっちゃって自分も背負われて下山になったらどうしようとドキドキしていました(笑)

第3ステージ、
恐らく次週以降はこちらがメインフィールドとなりますが、
色々な点で不安要素を露呈する結果に…。



下山後は久しぶりの大人数でメープル。
初めて突撃「煮かつ定食」

これ、かつ丼にするのは無理!
だって、大盛のどんぶりにも収まらない大きさなんですもの(笑)



ん? 隣の月山コブチャンプのご飯を見たら、
「特盛」ですって!?
そんなオーダー方法あったのか、さすがチャンプ(笑)

いつも大盛を2杯食べておりますが、特盛2杯ならお腹いっぱいになれそうですね。
おかずの量がモノ凄いのでご飯はいっくらあっても食べられちゃう素敵なお店です。

使用板:LINE / FUTURE SPIN
ビンディング:LOOK / PIVOT12
ストック:LINE / GRIP STICK GREEN
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

乗鞍大雪渓で夏スキー・夏スノーボード【取扱説明書】

http://golgo13zilch.blog.fc2.com/blog-entry-2527.html


ブログランキング参加しました。
よろしければクリックおねがいいたします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

チャーター。

皆さん乗鞍愛が凄いですね!
確かに雨量規制はやっかいですよね。自分も休みの日に当たってしまい行けなかった事が何度もありましたが、この技がありましたか(笑)

Re: チャーター。

コメントありがとうございます。
9人乗りなので8人から運賃がバス代より安くなります。
9人揃わなくてもバス運休ならそこらに右往左往している登山客とかいるので乗り合いで行けます!
もしまた運休日に当たってしまったらぜひこの技を使ってみて下さい!