危険!スノーボーダーの板流し。

17-18シーズン 37日目 天候:晴れ~雲
12/21(木) かぐらスキー場でスノーボード&スキー。



昨夜は久々にゆっくりお休みしてたっぷり睡眠時間がとれました。
かぐらがオープンしてからのハードな生活、体調不良が続いていましたが少しは回復したようなしないような?

のんびり9:30便のロープウェイで上がりましたが、
こんな時間でもそこそこ並びがあります。
今シーズンのかぐらスキー場、平日でも閑古鳥が鳴いているような日はまったく無く。
初心者や外国人が例年よりかなり増えているような気がします。

ピスラボの施設によりみつまたの片斜面が解消されて、
ファミリーコースが初心者にもやさしい斜面になった事も影響しているのか?
外国人はかぐらに限らず増加の一途をたどっていますので、
混雑する北海道や白馬野沢などから湯沢に流れてきているのもあるでしょう。

お客さんが増えてスキー場や雪国が潤うのは喜ばしい事なのですが、
ちょっと気になるというか不安な事が…。

初心者スノーボーダーの板流しがとても多く感じるのです。
毎年たまに見かける事はありましたが、
今シーズンはすでに何回も目撃しています。

斜面で板を流したらそれはもうスノーボードではなく凶器です。
どんな事があってもソールを下にして手を離してはダメ、絶対に!
リーシュコードって物があるにはありますが、あれはあまり意味が無く…。
スキーと違いビンディングが解放する事は基本的に無いので、
ビンディングを装着している状態で着用してもまったく意味がありません。
板を流している子のリーシュコード着用率が高いのもあまり意味が無い事を物語っているような。

基本的に板をコース内で外さない。
板を手で持つ場合は絶対に離さない。


この2点を徹底するだけで板を流すなんてのはあり得ないんだけどなぁ。
スノーボードをソリみたいにする行為、あれがかなり危ないです。
あと出来たら板手持ち乗車も無しにした方がいいかと。
スノーボードでのリフトの乗り降り、たしかに最初は難しいです。
でもスノーボードをする上で避けては通れない。
わたくしめも最初は何度もコケました。
たまに今でもコケます(笑)
初心者がコースの上で板を着けていない状態に慣れちゃう事が、板流し多発に繋がっているような気がするんだよな。

一度流した板は猛スピードで斜面を流れていきます。
流した本人ではもう捕まえられません。
小さな子供にぶつかったらと思うと…。
大人でもまともに喰らったらただでは済みません。
大きな事故が起きない事を祈るばかりですが、
スキー場にも何かしら対策をと思ってしまいます。

初心者が増えるのは良いこと、どんどんスキーやスノーボードの素晴らしさを知って欲しいですが、
スキー場には集客営業だけでなく、マナーやルールの啓発活動にも力を入れて欲しいな。



さて、本日のかぐらスキー場。
みつまたは晴れていたけど、かぐらの上部は雲の中。
あれ?
ゴンドラコースの真ん中に圧雪車が!?



こんな場所で故障しちゃったのか!?
新型っぽいのにね…。
ピステン様の無事を祈ります(笑)



1高トップは晴れています。
今朝までにうっすら降雪がありました。



本日は久々にお一人様なので、
みつまたスノーボードスクールのフリースタイルレッスン!
苦手なオーリーを修行します。

かぐらparkは楽しいのだけど、
静止した状態からのオーリーレッスンは地獄だ(笑)
汗だくでヒーヒー言っておりました。



出来ない事を修行するのが楽しいお年頃。
お昼休みは一人黙々とスキーでコブ太郎。



気分転換にMitsumata ups 'n' downsへ。
スキーでも楽しい!
スキーヤーもどんどんここを滑った方が楽しめますよ。



昨日、上級者に教わった事を試行錯誤していると、
また別の上級者が(笑)
色々参考になります。



今年も居酒屋茂里野がオープンしました。



みつまた駐車場から徒歩1分、かぐらスキー場に一番近い最高の居酒屋。



秘伝のタレで焼き上げた焼き鳥が絶品!
深夜までスキー談義で盛り上がりました。
今シーズンもよろしくお願いいたします。



◆酒処 茂里野◆
新潟県南魚沼郡湯沢町三俣783-4

スキー場発表積雪量
かぐらエリア:180cm
田代エリア:140cm
みつまたエリア:120cm

スノーボード
使用板:LIBTECH / WORLD'S GREENEST BOARD
ビンディング:FLOW / NEXUS FUSION
ブーツ:BURTON / ION

スキー
使用板:LINE / FUTURE SPIN
ビンディング:LOOK / PIVOT12
ストック:LINE / GRIP STICK GREEN
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント