キスク&アンディ、スキー&スノーボードの適材適所。

17-18シーズン 100日目 天候:霙~小雪
3/23(金) かぐらスキー場でスキー。





本日もみつまた駐車場は雨。
霙っぽくもあり、上は雪かなとちょっとだけ期待してみます(笑)



悲しみのみつまたロープウェイ1便。



霙のような雪のような…。



かぐらエリアはうっすら積もりました。



ホントにうっすらだけど、やっぱり新雪は嬉しい!



下地はアイスバーンってほど固くはないので、圧雪が気持ちいい!



でも、お客さんの気配が無い…(笑)



コブのボトムにはモッサモサの新雪が溜まっていました。



デラ掛けで滑りやすくしておきます。
本日は時間が無いので、デラ掛けだけして滑らないで撤収(笑)



うっすら降雪だけど、みつまたの“見えちゃった地面”が少し隠れました。

1高3本で下山した理由は…、



ユニコーンガンダム!?



到着したら突然“デストロイモード”に!
わたくしめのニュータイプ能力に反応してしまったのか!?



お台場にやって来た理由は、ガンダムでもポケモンでもありません(笑)

もちろん、お目当ては…、

「HELLOWEEN Pumpkins United IN JAPAN 2018」

なんと、なんと、現行ハロウィンにカイ・ハンセンとマイケル・キスクが期間限定電撃復帰!
初代ボーカリスト系ギタリストであるカイ・ハンセンと2代目ボーカリストのマイケル・キスク、
ハロウィンの黄金期のメンバーであり、彼らが在籍中の曲は現在でも人気ナンバーばかりです。
紆余曲折あり約30年の時を経て蘇る感動を!



久々に“ZEPP TOKYO”、国内最大級のライヴハウスです。
最後にここに来たのはDRAGONFORCEの時だったかIN FLAMESの時だったか…もう覚えていない(笑)
30代の頃は最前エリアでモッシュで揉みくちゃになりハッちゃけてたけど、もう若くないので2階席でまったりアーライッ!

HELLOWEENもGAMMA RAYもUnisonicもライヴで観た事はあるけれど、
カイとキスクがいるハロウィンを観るのは当然初めて。
ちなみに、初来日の頃は、わたくしめは小学生(笑)

あえて、インターネットで事前情報の収集をしないで臨みました。
最近ライヴに行く時はこのパターンが多い。
良く知らないアーティストの場合は情報を収集して、
知っているアーティストなら情報を遮断して、
この方が感動出来ます。

ネタバレは無しで、
今シーズン一番のさいこ~!!
とりあえず、ニセコより八甲田より、さいこ~
かぐら北斜でも運休明けチャレンジバーンでも味わえなかった感動!

アンディとキスクのバランスが絶妙。
何と、カイコーナーもちゃんとあり(笑)

初めてホンモノの“Eagle Fly Free”を聴けました。
やっぱりこの曲はキスクだ(笑)
アンディが嫌いな訳ではありません。
現行曲はやっぱりアンディが唄うのがいいし、ソングライティングやステージングはアンディの方が上だと思うし。

でも正直、Keeper Of The Seven Keysの両アルバム曲をアンディが唄うのは無理がある。
初めて生で観た“Eagle Fly Free”は酷かった(笑)

要は適材適所って事ですね。

海外のバンドだとボーカリストが変わるなんてのは良くある話だけど、
だいたいファンもメンバーも悩ませるのは、
前任者のヒット曲を後任者が唄うとダメになる点。

そりゃ、音域も声質も違うのだから当たり前。
後任者以降の曲をライヴで演ればいいだけの話ですが、
有名バンドともなると、過去のヒット曲を望むファンが多いのも事実であり難しい問題なのです。

歴代ボーカリストが揃った今回のツアーは、見事にその問題をクリアし、
それぞれの個性を尊重した素晴らしいショウとなりました。

こんなにいいモノが観られたのは嬉しいけど、
元の現行ハロウィンでこれ以上のライヴパフォーマンスが出来るのか!?
という危惧が生まれてしまうわけで…。
正直もうアンディは“Eagle Fly Free”を唄わなくていいけど、ハロウィンといえば“Eagle Fly Free”を聴きたいわけであり。

ハロウィンにおける適材適所は難しい問題です。



適材適所はスキー&スノーボードでも同じ。

整地圧雪、バックカントリー、パーク、パウダー、コブ、
色々なジャンルがあり、季節によって雪質も様々。
バンドと違って、スキー&スノーボードは条件によって道具を変えればいいのです。
でもそれが楽しい事でもあり悩ましい事でもあるのですが。

今回、春のコブ用として新しい板を購入しました。
太すぎたり、テールが長すぎたりしない一番オーソドックスなタイプだと思います。
適材適所を間違えると微妙な結果になるのはスキー&スノーボードとバンドも一緒だと思います。

果たしてこの板がコブと相性いいのかどうなのか!?
相性が悪かったら解雇なのか脱退なのか、うん十年後に再会して良さに気付くのか!?

今回のライヴで再確認しましたが、
カイ・ハンセンってやっぱり華がありますね。
あの“魔女ボイス”も何故か心地いいし(笑)
ビール腹のおじさんで数年前から急に髪が増えている(笑)気もするけど、
唄っても、弾いても、アーライッ!しても、何やってもオーディエンスが盛り上がる。

彼に至っては、適材適所は関係ない。
どんな曲を唄わせても弾かせても、カイ・ハンセンだから(笑)
スキー&スノーボードもそんな板に巡り会えないかな!?

スキー場発表積雪量
かぐらエリア:280cm (-10cm)
田代エリア:230cm (-10cm)
みつまたエリア:180cm (-10cm)

使用板:K2 / SUPER CHARGER
ビンディング:MARKER / MXCell 12 TCx
ストック:Black Diamond / Carbon Probe Ski Pole
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

先日の八甲田ツアー、お疲れ様でした。少しお話できて嬉しかったです。惜しむらくは少しメタル談義もしたかったなと(笑

先週末もラストパウダー求めてガイドくらぶさんのツアーに参加してきましたが、強風で新雪も飛ばされてしまって難しいコンディショでした。降雪に恵まれなかった今月の中では、一番良い時に来られたと思いますよ。

で、正真正銘のアーライッ!してきたのですね…羨ましい。オールドファンにはたまらん陣容です。適材適所問題、確かにその通りですね(笑)。その昔、アンディ加入後一発目の来日公演、チケットは取ったのですが大学受験で行く事が叶わず、しかしその後ブートレッグでフェイクしまくりのEagle~聴いて「……」となった記憶があります。

一方でキスクが歌う最初期曲(カイ期曲)は強烈でしたねぇ。やっぱりキスクが最高だ!と思いつつも、総合的には長い愛着があるアンディの方が好きだったりして。

「カイ・ハンセンには適材適所は関係ない」ってのも、妙に納得です(笑)。ガンマレイでもラルフ期の歌ったら歌唱力の差が明らかなのに、魔女ボイスの方が何故かクセになってしまいますし(笑

おっと、つい長々と書いてしまいました。
パウダーに後ろ髪惹かれつつも、楽しいコブシーズン到来ですね。細板の出番が増えそうです。Super Charger合うと良いですね。

それではくれぐれもお身体には気を付けて。楽しみましょう|m|

Re: No title

返信遅れてしまい申し訳ございません。
八甲田ではお声かけていただきありがとうございました。
あのタイミングで行けた事が凄くラッキーだったのですねぇ。
また来年も当たるといいなと思っています。
ガンマレイのラルフ期の曲もまったく同感です(笑)
もうガンマレイはやらないのですかね、活動休止状態?
カイハンセンにはまだまだ唄って弾いてを続けて欲しいです。
またどこかで(月山?)お会いできたらよろしくお願いします!