FC2ブログ

10-11シーズン終了 【10-11 44日目 2011/6/17】 

6月17日(金)
今年最後のスキーに行きました。

月山との出会いは本当に最高でした。
まさかね、6月まで滑られるとは。

今回は、道の駅じゃなく、高速のサービスエリアで車中泊。
仕事を終えて即効出発したけど
到着は例によって0:00頃。
そこからギネスでアーライッ!いたしましたが
睡眠不足&疲れで1:00ころには早々と就寝。
寒河江SAってとこは、なんと隣の温泉へ徒歩で行けちゃいます。
って事で、6:00に起きてまずは温泉を堪能。

3種類の源泉掛け流しで
それぞれ特徴的なお湯で露天風呂もあり
西川町の水沢温泉よりかなり満足度高し。
それでいてお値段300円というのはどーなんでしょう?
朝から超混雑も納得のおすすめ温泉です。

フォト


ここから歩行者のみ外へ出られます。
フォト


かなり大きな施設、近所のおいさんで賑わっておりました。
フォト


月山到着は8:00ちょい前。

フォト


ガスってるし、車がほとんどない!!

フォト


いつもの駐車場からの写真ですが、雪はほぼとけました。

フォト


恒例の月山に向ってアーライッ!も
モヤモヤで何も見えず…。

フォト


スキーキャリーサービスがあった駐車場からリフトまでの登り雪道は
すっかりとけちゃって、普通の車道でした。

フォト


フォト


フォト


それでも、ちょっと上へ進めば周りは雪だらけ。
6月って事を忘れちゃうよね、これ見てると。

フォト


スキーキャリーのはたらく車がいました。
その先の橋と川なんて、6月1日の時は上を滑ってたんだよな~。


この日はわたくしめ的に、最終日なのですが
月山神社へお参りという目的があったので
リフトは午前券を購入。
12:30までみっちり滑るべく、いざリフトへ!

フォト


おお!噂に聞きし、雪のないリフト!!
これがスキーの為に乗るリフトには見えないでしょう!

フォト


下りてくる道も、もちろん雪なし。
ってか先週まで普通に雪道だったのに
木が生い茂ってるんですけど!
毎回毎回、あの中を掻き分けて下山するのか!?

フォト


登山客ももちろんいます。

フォト


板は履いたまま乗車できませんので
横のキャリアに乗せます。

リフト上駅は

フォト


フォト


フォト


こんな感じで、ガスってて先がほとんど見えません…。

ってか、先週とは、まるで別世界なんですけど!
ガスの影響もあるけど
なにしろ雪がない!

沢コース、大斜面は滑れるという事ですので
(見えないけど)そちらの方面へいきなりハイク。

フォト


フォト


フォト


こんな道を登らないと滑走路へ辿り着きません…。

だが、

そこが

いい!!

フォト


フォト


フォト


ちょっと雪の状態が悪いけど
沢コース、まだまだ雪たっぷりでした!

こっちまでだいぶコブになってたけど
あの、ウチダユーヤノオジサンのおかげで
なんと
コブが少し滑れるようになりました!!
ま、月山にいる猛者から見れば、初心者丸出しで滑れるなんてレベルじゃないんですけど…。

フォト


フォト


さっきみたいな密林みたいなとこ登って行かなくても
ちゃんと、登山道がありました。
こちらを少しハイクすれば
Tバーリフトの辺りに着き、そこから
大斜面or沢コースへと滑走できます。

それにしてもガスが酷くて、初めてだったら迷っちゃって楽しめなかったかもなぁ。
4回目だったのが幸いし、だいたいの方向感覚で見えないなりに大斜面も滑走できました。

しかし、
クレパスはさらにデカくなってるし、木や岩がどんどん露出してくるし
自然の力は凄まじいですね!

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


かなり、ハードなバーンで
昼まででみっちり滑ったらもう、ホントにクタクタ。
午前券でよかったなぁと。

しかし、本日のもうひとつの目的

「月山神社」

参拝があるので、ここからが本番です。

姥ヶ岳休憩所で

「かけそば」と「玉こんにゃく」

をいただき、いざ人生初の登山へ!

フォト


まずは、姥ヶ岳の山頂目指し、いつもの斜面をハイク。
雪の登りはホントにキツイけど
さすがに4回目ともなると、この苦行を楽しめるようになりましたね。

クレパスの中から新緑が飛び出しちゃってるんですけどw

恐るべし、自然の驚異!

フォト


フォト


フォト


前回ハイクした場所も、雪とけがあったりで帰りの滑走は要注意!

フォト


前回はかろうじて飛び越えられたクレパスも
今や人が飛び越えるなんて不可能な大きさに…。

フォト


フォト


フォト


雪がとけて、そこに水が溜まり、そこからちょろちょろと小さな川みたいに流れていく。

これが雪どけ水で大きな川の始まりなのでしょうか!?

自然って素晴らしい!!

フォト


フォト


フォト


木道が出てきてから姥ヶ岳山頂まで結構距離が増えてました。
それだけ、雪がとけているってこと。

フォト


この白いフンはどんな動物のモノなんでしょう!?
ボーイスカウトの彼とかは、こーいうのもわかるんかね?

フォト


姥ヶ岳の山頂も無事通過し
問題の雪の崖に到着。

前回も前々回もその先に行く事を断念した難所だ。

ちゃんとした装備ならなんなく通過できるはずだけど
スキーブーツですからね、わたくしめ。

およそ4~5メートルほどのたいした事ない崖だけど
雪、スキーブーツという事でビビリまくりなわたくしめ。
ま、ここまで来たら行っちゃえって事で
なかば飛び降りる感じで行っちゃいました。

ここから先はまったくの未知の世界。
まずは金姥を目指しハイキングです。

フォト


フォト


フォト


フォト




次回、メシコック初登山、月山神社はホントにあるのか!?~遭難編
…へ、続く。
関連記事

コメント

非公開コメント