FC2ブログ

月山日記 その参 【10-11 41日目 2011/6/1】 

登ったのはこんな斜面。
至る所に、こんなのや

フォト

こんなのが、パックリ口を開けて待ち構えてますw

いや、間近で見ると、マジ怖いんですよ。
しかも斜面の登りなんで、落ちたら…嗚呼!!

フォト

でも、みなさん黙々と登っていきます。

わたくしめ、もう体力の限界!

フォト

頂上はまだまだ先だけど

フォト

休憩。

フォト

フォト

フォト

振り返れば
すでに下界は絶景!

フォト

フォト

しかし、のんびり休憩してたら
ガスってきました!!

ヤバイ…
迷わないように、早く登らなきゃ!

フォト

フォト

フォト

恐ろしいクレバスも飛び越え

フォト

フォト

フォト

頂上は、雪がきれて
登山道が出てきました。

フォト

フォト

フォト

初の
「登山道」
ってヤツにドキドキ!

フォト

スキーを下ろし、木道を歩いてみます。

フォト

フォト

これって、どっち側通行なのだろう??
ここまで登ってきている人が皆無なので
結局わからずじまい。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

右横に見えるのが
たぶん、牛首ゲレンデって呼ばれてる所だ。
誰もいないし、たぶん入ったら危険なコースのはず。

フォト

フォト

しばらく歩くと
姥ヶ岳山頂の標識がありました。

この先さらに進むと
月山神社がある月山山頂のはずですが
ここまで来た道の数倍は登山しないと行けない距離なんで
この日はここで登山は終了。
ちょいと早いお昼ご飯でもね、と。

フォト

フォト

フォト

このワイルドワンで買った
「たまごが割れないケース」
スゴイね。

ここまでアグレッシブに滑ったり、登ったりしてきたけど
まったくの無傷で山頂まで持って来れました。

フォト

ホタルイカは美味いし
ビールはキンキンに冷えてるし
チキンラーメンも下界とはなんだか味が違う。

フォト

絶品「ホタルイカラーメン」

フォト

濃厚「ホタルイカしゃぶしゃぶ」

フォト

珍味「焙りホタルイカ」

B級雪山グルメに舌鼓を打ち
アーライッ! アーライッ!
していると
なんだかガスもひけてきました。

フォト

フォト

さて、ここから一気に下界まで滑り下ります!
これぞハイクした醍醐味ですよね。

クレバスに気をつけながら撮影したこれは

フォト

フォト

フォト

噂の
「Tバーリフト」

結局乗らず仕舞いでしたが
次回はぜひ。

フォト

体力的に
山頂までは1回が限界だけど
なんて心地よい滑走ですこと!

この広大なバーンを独り占め感覚です!

こんなの、そんじょそこらの普通のスキー場じゃ体験できません。

整備が行き届いたスキー場もいいけど
こんなデコボコな自然の
「山」
もいいもんですよ!

フォト

フォト

フォト

そんな超絶雪を堪能していますが、リフトに乗ると

フォト

こんな感じで、ピクニック気分。
名前はわからんが
様々な高山植物が咲き乱れておりました。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

底の見えないこの巨大クレバスは
大斜面と呼ばれるメインコース?のど真ん中に鎮座しておりました。

苗場の大斜面にこんなのできたら
間違えなくコース封鎖ですよねwww

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

ここまで下りてくると
人が結構います。
大斜面は1番人気のコースですね。
みなさん「コブ」を果敢に攻めております。

フォト

フォト

Tバーの近影。

フォト

フォト

フォト

トラバースライン。
ちょいと登りもあるし、狭いので怖い。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

ホントに広大で素晴らしい「山」です、月山!
ありがとー月山。
帰りに立ち寄った温泉も良かったし
初上陸の山形県最高でした。

フォト

おまけの
「月山湖」

フォト

と、こんなに長々と写真入りで日記を完結させたのは
日付の上ではもうすでに本日
再びわたくしめ、山形行きなのです。
無理矢理でも完結させないと
2回目の月山とかぶっちゃうし
初期衝動が消えないうちに書き留めておきたかったもんでね。

今回は、早番終えてから、そのまま山形へ。
西川町の道の駅で車中泊の予定。
これまた生まれて初の車中泊。
ちょっとドキドキですね。
駐車場でギネスアーライッ!しちゃおーかなとか
ホタルイカパーティーしちゃおうかなとか
夢が広がります。
関連記事

コメント

非公開コメント