FC2ブログ

越後湯沢から聖地成田へ。

19-20シーズン 51日目 天候:曇り~雪
1/19(日) 湯沢高原スキー場でスキー。





小雨で迎えた湯沢町の朝…。
山の上の方を見上げるとうっすら白くなっております。
街は雨ばかりで積雪も日陰にちょこっと残っているだけに。



これは湯沢高原チャンスです(笑)
シャトルバス始発便で出発!!

バスは越後湯沢駅で全員乗車出来ないほどの混雑。
ほとんどのお客さんはガーラを目指しているようで。
それでも湯沢高原ロープウェイは先週よりは混雑していました。



コスモスペアリフトは2番搬器でしたが、



山頂パノラマリフトは1番搬器(笑)



これぞ正真正銘ファーストトラック!!
いただきま~す!!



さいこ~!!

いつも通り、開始から3本くらいはほぼ貸し切り状態でした。



曇り空から次第に雪が降ってきて寒~い。
ふと、温度計を見てみたら…、
マイナス10℃!?
いやそこまでではないでしょ!?
温度計故障中だと思います。



下山コースとガーラ連絡ロープウェイはいつになったらオープンできるのか!?



朝イチ湯沢高原、今回も最高でした。
たった1時間で下山します(笑)



帰りのNASPA行きは駅からスポーリアまでお客さんゼロ。
週末組の動きと真逆を行く行程は快適です。

さて、
越後湯沢のオープニングシーズンはひとまず終了。
今シーズンは少雪暖冬で苦戦しておりますが、
パウダー祭りも結構滑れたし、
パウダーが無い時や混雑時の回避策もあったので、
何だかんだで楽しんでおります。

湯沢シーズン券とかぐらシーズン券のダブル活用は大正解でした。
雪が少ない少ないと嘆いている方もいらっしゃいますが、
楽しみ方次第ですよね。
少ないとはいえ、ある所にはある、少ないなら少ないなりの遊びもある。

ただし、
一部の標高が高いエリアを除き、スキー場関係者には厳しいシーズンとなっております。
滑り手としては色々選択肢があるからそこまで悲観していませんが、
地の利が無いスキー場は死活問題ですよね…。
遅れてきた冬将軍に期待するしかないのか。



午後から越後湯沢駅を旅立ちます。
在来線はSuicaが使えないどころか自動改札機も無い(笑)



初めての越後湯沢駅ホーム。



湯沢には無料お食事処が無いから楽しみにやって来ました。
ところが、
食券制のセルフサービスで従業員は全て外国人。
株主優待の対応が滅茶苦茶でどうにもなりません。

時間が無いので妥協して特盛のみになってしまいました…(涙)

工場のロボットみたいに流れ作業している外国人が悪いのではなく、
その様な体制で営業しているお店が悪いのだけど、
都会の現状からして仕方ない事なのかな。



都会人は歩くのが遅いからイライラマックスで辿り着きました。
アクセス“成田”乗り場。

バスの中もウルサイ外国人だらけでイライラマックス!



“成田”温泉でゆっくり旅の疲れを癒します。



“成田”ビューホテルでアーライッ!

明日は数年ぶりの“成田”空港。
どこもかしこも成田ずくめでドキドキしてきました(笑)
成田道場冥利に尽きますね。

スキー場発表積雪量:80cm

使用板:LINE / FUTURE SPIN
ビンディング:LOOK / PIVOT12
ストック:SINANO / Bump Diver
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント