FC2ブログ

春の妖精、春の女神。





裏山はカタクリの旬を迎えました。

あの片栗粉で有名なカタクリですが、
現代人がお店で購入している片栗粉には、
カタクリではなくジャガイモのデンプンが使用されているそうです。
カタクリの根はとても小さく、現代の大量生産には不向きだそうで。

また、花が咲くまでに7~8年もかかるそうで、
咲いている期間はたった2週間ほど、儚い山菜なのです。

その姿や儚さからか、春の妖精や春の女神なんて呼ばれているそう。



そんな儚い植物なので大量に群生していましたが、採取は少量にしておきます。

シンプルなおひたしが一番。
山菜らしいクセはほとんど無く、ほのかに甘く野菜みたい。



同じ場所によく群生しているアイコ。
こちらも野菜みたいな山菜ですが、
細かい棘が多いので取扱注意。



湯がいて茎をおひたしにするのが定番。



葉は味噌汁の具などに使うのもありです。
天ぷらでも美味しいのですが、クセが少ないので単なる葉っぱ状態でインパクトが無い。
やっぱり山菜の天ぷらは、クセが強い方が相性がいいですね。



山菜料理のプロに調理していただきました。
カタクリの酢味噌和え。



アイコの煮物。

さいこ~!!

地元の方が造る料理が一番。
山菜料理はママに敵うわけない(笑)

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事