FC2ブログ

月山最終日、姥ヶ岳から牛首へ。

20-21シーズン 184日目 天候:晴れ
6/11(金) 月山スキー場でスノーボード。





本日は月山遠征最終日。



リフト乗り場へはまだ雪上移動できそうです。



リフト降り場もどうにか(笑)



登山道から大斜面、もしくは更に登ってTバー、
以上の2択を選択する方が増えてきました。



しかし、
わたくしめはそのどちらでもなく、
あちらを目指します。



スキー場からは北東に見えるあの頂上。
月山山頂です。



Tバーの降り場で小休憩。
月山に直登ではなく姥ヶ岳の頂上にも立ち寄ります。



ん~、
やっぱり今年は雪が少ないね。
Tバー降り場からすぐ上はもうすでに登山道。
姥ヶ岳の登山道がどのくらい露出しているかで、この先の残雪量もある程度想定できます。



スキー場の頂上はここ姥ヶ岳ですが、



目指すはあちら、
月山山頂、月山神社です。



姥ヶ岳からは登山道のまま進み金姥へ。

雪が多い年は、この時期でも残雪が多く登山道は途切れ途切れなのですが、
今年はほとんど雪上を歩かないでここまで来られました。

ここを北東側に進めば、月山神社。
北西側に進むと、湯殿山神社。
湯殿山へは月山へ向かうより少々険しく時間もかかります。
※それでもスノーボードブーツでどうにか行ける(笑)
小さな草でも、大きな生命。



金姥から牛首までは美しい景色を堪能しながらのお散歩道。



山桜?と思われますが、
森林限界を超えた豪雪地。
こんな厳しい環境でも桜が育つのですね。



一部高山植物が見頃を迎えているようです。



美しいけど花の名前はよく判らない。



山菜だとすぐ覚えるのに花はね…(笑)



おぉ、シドケの新芽だ、これは食べられる山菜。
隣のバイケイソウは食べてはいけない山菜(毒草)。



今はこんな看板いらないくらい山は綺麗です。(たまに例外もありますが…。)
昔のゴミ(プルタブとか)がたまに落ちていて時代を感じますけどね。



そんな感じで景色や植物を堪能しながら牛首へ。
こちらはまだまだ積雪量たっぷりで雪上移動となります。

数名の登山者がいらっしゃいましたが、
スキーヤー、スノーボーダーはほとんどいません。



板があれば帰路はスキー場までワープです(笑)
登山も楽しいですが、やっぱりスキーヤー&スノーボーダーなら滑走下山したいよね。
バックカントリーって登山と滑走の両立が楽しめる究極の山遊びだと思います。



ここから先にもう残雪はありません。
帰りの滑走はここからになるので板をデポ。
身軽になり最後の登り、そして聖域(サンクチュアリ)に突入です。

…つづく。

スキー場発表積雪量:200cm

使用板:GENTEMSTICK / INDEPENDENT STICK
ビンディング:BURTON / STEP ON
ブーツ:BURTON / PHOTON STEP ON

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事