FC2ブログ

越後湯沢の城跡。





近所のしんばしさんでお昼ご飯。
昼間から食事をするのは久しぶりだな。
明け方に夕ご飯を食べる事はしょっちゅうだけど(笑)



本日は湯沢町をプチ観光いたします。
生憎のお天気なので車で行動できる範囲で。
道の駅みつまたから観える下山コースも紅葉が始まってきました。



今年の鯉はとてもおとなしかった。
少し寂しい…。



街に下りる前に大峰山へ。
無積雪期は車でほぼ山頂手前まで行けてしまう山です。
天気が良ければ湯沢の街が一望できる最高の景色なのですが…残念!



山頂手前は湯沢高原スキー場のトップです。
山頂パノラマリフトは何やら試運転を行っておりました。



コースの草刈りも終えシーズンインの準備は万全のようです。
早くパウダーが滑りたいね。



そのまま下山しようかと思いましたが、
道中に気になる階段が…!?



荒戸城跡!?
えっ!?
こんなとこに城があったの??





1578年、3月、上杉謙信の急死後、上田長尾家出身の養子景勝と小田原北条家からの養子景虎との間で跡目相続争い「御館の乱」が起こった時、
小田原勢の侵攻を防ぐため上杉景勝が深沢利重、富里三郎左エ門等に命じて急遽築かせたものである。
北条方の猛攻により荒戸城は落城し、湯沢一帯は北条方の支配地となった。
上杉方に一度は奪還されたが、北条方の猿ヶ京衆の攻撃で再度攻め落とされた。
この戦で、直江兼続の父兼豊の叔父と言われる樋口主水助兼一が戦死したと伝わる。
戦国時代の山城としては、築城の年代がはっきりしており、さらに城郭が完全に保存されているなど歴史的に貴重な遺跡である。


以上、登山口にあったパンフレットより。

トンネルなんて無い時代の三国街道。
越後側から見れば最後の砦。
芝原峠って重要な場所だったのですね。

樋口主水助の居城跡は駅東口の主水公園だそうで。
西口の主水山大岳寺は、荒戸城で戦死した樋口主水助ゆかりの寺院だそうです。

普段何気なく通っている場所が歴史的遺産だなんてビックリしました!!



無積雪期しか来られない場所です。
スキー場通いだけしていた頃では辿り着けなかったな。



荒戸城跡から大峰山の紅葉を眺める。
天気が良かったら芝原峠から湯沢の街の眺めも最高だった事でしょう。
雪が無い季節も越後湯沢は魅力いっぱいです。

さて、
湯沢の魅力と言えば…、



やっぱり夜の部(笑)



ととやの秋刀魚!!

さいこ~!!

魚〇の秋刀魚とは何もかもが違う(笑)
今シーズンイチの美味しさでした。



さぁ、美味しい夜の部を堪能しまくります。



超ウルトラスーパーさいこ~!!

ととやのウニは間違いナイ!



嗚呼…幸せ~!!



からの村のおやじ。
今夜も濃い~お客さん達が続々集まりアツい夜となりました。

これで新潟県Go To Eat食事券はおしまい。
1年以上お世話になった券ですので何だか寂しいな。



日付変更と共にスイングへ。

今夜はバーボンな夜?
バッファロートレース蒸留所祭りのようです。
イーグルレアシングルバレルをロックでいただきます。



スイングらしい面白い呑み比べも出来ます。

こちらは樽で熟成する前の原酒ニューポット。
呑み比べというと、別のお酒で比べるイメージですが、
これは同じお酒の熟成前と熟成後の呑み比べ。
これが樽熟成を経るとこうなるのかってのが面白い。

ニューポット自体はそれを積極的に呑むモノではないそうですが、
個人的にコーンの味?が全面に出た香ばしいアルコール感は好みでした。



バーボンからラガブーリン。
アイラモルトで一番のお気に入りです。



cab9へ移動してタリスカーハイボール。



〆はジャックコークで。
たまには甘いモノが呑みたいのだ(笑)



からの家呑み。
本日は素敵なプレゼントをいただいてしまいました。

嗚呼…緑のボトルコレクション(笑)
ありがとうございます!!

味はもちろんですが、ボトルデザインや色もとても大切です。
お酒って音楽のジャケ買いみたいな感覚でもいいのかもね。
音楽のジャケ買いは絶滅しちゃいそうだけど…。



美味しいシングルモルトなのに、
つまみはコンビニ飯…。
12時間前に食べたととやとは対照的なジャンクっぷりです(笑)

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事