FC2ブログ

変わったモノ、定番のモノ、越後湯沢酒日記。





たまにはラーメン屋から始まる夜の部もイイ。
ラーメン屋といえば最近あじろうばかりですが、
老舗のどさん子もビールを呑みながらにはもってこい。



お隣に移動して夜の部本番。
チョコパイと神楽南蛮のお通しがイカシテイル(笑)



珈琲焼酎でアーライッ!



スイングバーに移動して久々にシャルトリューズ。



シングルトン・オブ・グレンオード18年。
甘くて濃厚、ストレートでいただくのが一番かなと。
もう日本では終売しているボトルだそうです。

シングルトンはハイランドのシングルモルトウイスキーなのですが、
蒸溜所が複数存在するそうです。
複数なのにシングルモルト?と思いましたが、
各蒸溜所で作られたモルト原酒を他の蒸溜所のものとは混ぜないのでシングルモルトです。
何だかややこしいけど、
日本で例えるなら、山崎・白州・知多をサントリーって名前で発売しているみたいな感じかな。

こちらはグレンオード蒸溜所で作られたシングルトン。
主にアジア向けのラインナップで、
蒸溜所ごとにエリアを絞ったマーケティングを行っているそうです。



今夜のバッファロートレース蒸留所呑み比べは、
サゼラック・ライ。
バーボンではなくライウイスキーです。

カクテルのベースなどにも使われるそうですがストレートでも美味しい。
ニューポットの荒々しさと比べ、熟成を経てこうなるのかぁと呑み比べます。



ボトラーズのシグナトリー。
アンネイムドオークニー。

名前のままであり、オークニー諸島のとある蒸留所のシングルモルトです。

ハイランドパーク、
スキャパ、
オークニーディスティラリー、
どこなのかな? と想像していただきます。



cab9に移動してお気に入りのアイリッシュウイスキーカネマラ。



バーボンはロックがイイね。



京都のクラフトジン季の美をいただきます。
ボタニカルに和の要素を取り入れたプレミアムなクラフトジン。
ウイスキーもいいけどジンもいいよね。



気付けばまたAM3:00越え。
カリラで〆て帰宅します。



嗚呼…また明け方の暴飲暴食。
ヤメタイのにヤメラレナイ(笑)

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事