FC2ブログ

たけのこの里を美味しくいただく方法。





みんな大好きアードベッグ。
どこの家庭にも1本は必ずあるらしいのですが、うちには無かったので塩沢の酒屋まで買いに行きました(笑)
ん~湯沢はウイスキーの品揃えがイマイチ。
日本酒の街ですからねぇ。
群馬の頃はやまやが徒歩圏にあったのですが、今考えるとパラダイスだったのだなぁ。



ピートが効いたアードベッグに甘いモノ。
これ鉄板の組み合わせです。



もちろん手作りコーヒーゼリーはアイリッシュコーヒーゼリー。



甘いモノと言えば、チョコレート菓子。
ウイスキーのおつまみとしても定番ですよね。

今回はこの“たけのこの里”が主役です。



まぁ、普通に食べながら呑む、でも構わない。
普通にどちらも美味しい。
でも、普通じゃ満足できない、もっと美味しい食べ方を!



小皿にアードベッグを少量注ぎます。



それにたけのこの里を漬け込んでしまう(笑)
クッキーの部分にアードベッグが浸み込んで激美味なのだとか。



さいこ~!!

たけのこの里とアードベッグでたけドベッグ。
たけロイグも美味しいらしいよ(笑)

これは斬新なお味だ。
甘いお菓子にピート感が混じり後味に苦みがやって来る。
漬け込む時間を調整する事で味変も楽しめます。

ちなみに、きのこの山は漬かる部分が少ないのでダメです(笑)



色々試してみよう(笑)



フロムザバレル。
甘~いレーズン感が際立ち、ほのかにスモーキーさがやって来る。



バランタインファイネスト。
味がしない(笑) 何でだ!?



ジェムソン。
フルーティーで甘さがいいけどFTBほどではない。



ザ・グレンリベット12年。
はちみつ?バニラ?うっすら甘い。



グレンフィディック12年。
リンゴの様な甘さでいい。



チェリーEX。
味がしない(笑) 若干日本酒の様な味わいが。



こちらはいただきものでして、緑のボトルって事でチョイスしていただきました。
チェリーって何?と初見だったのですが、
福島の笹の川酒造という主に日本酒や焼酎を製造している会社ですが、
かなり昔からウイスキーの製造販売も手掛けており、
あの肥土伊知郎さんが羽生蒸溜所にあった原酒を預けた事でも有名。
笹の川酒造が無かったら貴重な原酒が破棄処分されていたかもしれないのですね。



たけのこの里のウイスキー漬け。
普通にアリです!!

たけドベッグが一番個性が出て美味しかったけど、これは人によりかな。
コスパも含めて総合的に考えると今回のラインナップでは、
フロムザバレルが一番です!
マルセイバターサンドみたいなのが好きな方なら絶対好きになるお味(笑)
たけのこザバレル、どこかのお菓子メーカーが商品化してもいいくらい絶品!

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事