FC2ブログ

日本一のモグラ駅、土合駅は面白い。

21-22シーズン 171日目 天候:曇り時々晴れ
6/20(月) マチガ沢でスキー。





週末は滑走をお休みしてしっかり休養。
(休足日であり休肝日ではありません。)
本日からまた電車でマチガ沢スキーです。

越後湯沢駅始発6:12、
朝に弱いわたくしめ、今朝もまだ寝ていたい、もうヤメてしまおう!
ってな気持ちをグッと堪えて“スキーの為だ!”の一心で無理矢理起きます。



上越線土合駅、上り線のホームが地上でホントに良かった(笑)



こちらは雨上がりのようです。



ここまで約15分。



土合駅からマチガ沢の出合まで、約40分。
今朝はかなり早く歩いたので、のんびり歩いたら1時間くらいかな。
ずーっと上り坂だけど舗装路ですので、荷物が無ければもっと早く着けるかも。



登山道を登り、



沢登りし、



さんかくを目印に入渓。
ですが、
これはニセさんかく(笑)

ホンモノを見落としてしまいずっと奥まで行き過ぎました。



これがホンモノ。

マチガ沢の雪渓は、登山者が間違って入り込まないように入渓目印はありません。
登山道ではないので一部藪漕ぎです。
初めての方が単独では遭難、滑落など事故の可能性大。
必ず経験者に同行していただく事が大切です。



!?

めっちゃ融けている!!
中2日でこれですか。
それでもまだまだ雪の厚みは十分だっていうのですから、
マチガ沢に溜まっている雪って凄いな。



6:12 越後湯沢駅発 6:37 土合駅着。
土合駅からマチガ沢雪渓まで徒歩約1時間。
のんびり歩いても2時間はかからないかと。

今朝は8時前に雪渓到着。
早起きはホントキツイけど、こんな時間にこんな場所で飲むコーヒーは美味い!



コブはしっかりと残っておりました。



でもよく見ると消滅しかけている…。
これだけ融雪しているのだから当たり前です。



毎日毎日整備大変ご苦労様です。
人海戦術って言えるほど人は集まらない事もあるので、
マチガ沢でコブを維持する事は苦労の連続です。



人の手が加われば最高のコブが出来上がります。



まだ手が加わっていないエリア。
カッチコチ凸凹でとてもまともには滑れません。
毎日整備する、滑走する、って事が如何に大切か。



さいこ~!!

ちなみにお隣のラインは先週まで使っていたライン。
もうほぼ消えかけで滑走は不可です。



本日も腹八分、お昼前には下山開始です。



体力を残していたつもりでしたが、
濡れた岩ですってんころりと…。
下山時こそ要注意です。



この寂れた建造物は何だろうなと思っておりましたが、
まさか、下り線のホームへ繋ぐ連絡路だったとはね。



土合駅は、“DOAI VILLAGE”なるグランピング施設が併設されております。
利用者は1日平均20名前後の寂れた無人駅ではありますが、
ビアフェスといい中々面白い試みを行っていますね。



この仕切りは何だろうと調べてみましたら、
地下から吹き上げてくる風を分散させる仕切りだそうです。
様々な工夫で成り立っているのですな。



462段の階段の横には不自然な空きスペースが。

これも調べてみたら、
建設当時、将来的なエスカレーター設置の可能性を考慮して確保したスペースなのだとか。
新清水トンネル開通ならびに下り線のホームが運用されたのが1967年。
50年以上経ちますがエスカレーター設置の可能性は限りなくゼロ…。



地下水の流れが虚しい…。



少し早めに下り線ホームに到着。



下り線ホームの待合室がまたレトロでオモシロイのです。



このテーブルで色々書いていってね、って感じ。
筆記用具などは豊富に揃っています。



駅や鉄道に因んだ本も沢山。



想い出足跡ノートのバックナンバーが凄い量です。



色々ツッコミどころ満載ですが(笑)
まぁ確かに地獄の駅だ。

ぴ、ピッチハイク!?
国道291号の県境は車両走行不能なので、
この辺でヒッチハイクしても新潟側まで行ってくれる可能性は低い。



雨漏り!?

いやいや、ここは地下70mのモグラ駅。
地下水がポタ…ポタと落ちてくる待合室、さいこ~!!

使用板:ID one / MR-SG
ビンディング:LOOK / PIVOT18
ストック:SINANO / Bump Diver
ブーツ:K2 / PINNACLE 130

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事