FC2ブログ

悪夢の南岸低気圧、少雪&暖冬、波乱万丈なシーズンは続く。

23-24シーズン 35日目 天候:雨
1/21(日) 湯沢高原スキー場でスキー。







街でも時折突風が吹き荒れる今朝の越後湯沢。
本日は、南岸低気圧の影響で南風の雨です。

南岸低気圧…、
関東地方に降雪予報が出たりして騒がれますが、
ここ越後湯沢にはあまりメリットがありません…。
降雪が伴う事もありますが、雪国でのホンモノの降雪は西高東低の気圧配置。
南岸低気圧で嬉しいのは軽井沢とかかもね(笑)



昨日より強めの南風予報ですので、心配なのはリフトの運行。
かぐらはなんと、全面運休が確定しました。

南風に弱いガーラは…、
なんと、通常営業の準備をしているとか。
予報では風は回復傾向ですのでどうにかなるかな、って所です。



ゼロゼロ便もどうにか出撃!となりました。

ただし、
リフトの運行はどうにか大丈夫そうなのですが、
南風の雨…、
コース状況がとてもヤバい事に…!?



山頂方面のオープン準備が終えた頃に、
下山コースの準備に向かった隊員から応援要請が…!?



下山コースは雪崩の巣窟です。

朝から汗だくで排雪作業を終えたと思ったら…、
再び隣の斜面から雪の塊が…!!

嗚呼…!!



この天候、雪の状態…、
下山コースのオープンは諦めました。

悔しいけど、安全第一です。



閉ざされた下山コース。
ガーラ湯沢への連絡ロープウェイランドーはオープン中です。



嗚呼…!!

キスゲの中部もヤラレテしまいました…。
月曜火曜は猛吹雪、数日前までパウダー祭りであったはずなのに、
たった数日の昇温で元の雪不足越後湯沢に逆戻り。
特に、南風の雨でメッタメタにされてしまいました。



どしゃ降りに加えて視界も悪い。
どうにかスキー場は営業できましたが、
せっかくのスキーこどもの日が台無しだ…。



午後も雨は降り続きましたが、
視界だけは良くなってきました。
こんな天候でも滑りにきてくれたお客さんに感謝です。



どしゃ降りの雨の中眺める越後湯沢。
幻想的な景色が傷心を癒してくれます。



沈黙の神楽峰…。
かぐらといえども積もる雪には変わっていなさそう。
痛恨の週末となりました。



ついに初級のパノラマコースにも小規模な雪崩が…。
巡回を強化しますが、自然現象はもうトメラレナイ。



昨日、子供達の為に作った雪だるまも残念なお姿に…。



最終の下山、
コース状況は悪化しておりました。
朝のコース閉鎖は正解。



こりゃ明日も下山コースは閉鎖だな。
火曜から始まるストームに期待するしかない。
少雪&暖冬、波乱万丈なシーズンは続きます。

スキー場発表積雪量
山頂:110cm
山麓:70cm

使用板:ID one / FR-XP
ビンディング:TYROLIA / ATTACK11GW
ストック:無し
ブーツ:SALOMON / XMAX100

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村









関連記事