FC2ブログ

進む融雪、崩壊する法面。

23-24シーズン 66日目 天候:雨
2/21(水) 湯沢高原スキー場でスキー。









今朝も越後湯沢は雨、しっかり雨です。



山は雪かも!?
なんて幻想は幻です。
フリージングレベルの予報はホントに正確です。



雲海が広がる飯士山の山麓。



さいこ~!!

※景色だけです。



圧雪は、ザ・春の朝イチ。
ガタガタだったり、カチカチだったり、
グサグサだったり、何でもアリ(笑)

雨で視界も悪く、難易度高いなぁ。



朝はちょこっとだけ冷え込んだようだけど、
日中はやはり融雪が進みます。



融雪に伴う危険箇所のチェックです。



蛇籠が冬眠していた期間、1ヶ月も無かったのでは!?



今年は、硫安の売上が過去最高を記録するかもね(笑)



数少ない当て込みスポットも壊滅してしまいました。



下山コースの様子も気になります。



もう法面から落ちてくる雪もあまり無いので、
状態は意外に良い。



ガーラの下山コースが本日からクローズですが、
こちらはどうにか粘っています。



と思ったら、
崩壊…。



残念ながら午後からクローズとなりました。



パノラマコースから眺める南魚沼方面。
雲海の下なので何もミエマセン。



山麓は相変わらず修旅で賑わっております。
ファミリーゲレンデの積雪、どうにか耐えて下さい。



雲海から現るアルペンフローラ号。



山麓は1日中雲海の中でした。




明日は復活できればいいね。



最終下山まで雨…。
まぁ、予報通りです。
夜中にしっかり雪に変わってくれれば!



デンジャラスな布場落ち、ありがとうございました(笑)

スキー場発表積雪量
山頂:110cm
山麓:30cm

使用板:ID one / FR-XP
ビンディング:TYROLIA / ATTACK11GW
ストック:無し
ブーツ:SALOMON / XMAX100

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村









関連記事