FC2ブログ

第29回パウダー祭り、吹雪の八甲田、最高の沢ライド。

23-24シーズン 88日目 天候:暴風雪~晴れ~雪
3/14(木) 八甲田山でスノーボード。









八甲田day3、
今回の遠征最終日です。
3日間ロープウェイ運休の可能性もある遠征でしたが、



本日も始発便は定時運行されそうな嬉しい誤算です。

それしても毎日ガラガラ…。
もっとヤンチャな外国人だらけかと思いましたが、
始発便の客層は毎日ローカルっぽい方々がほとんど。

空港や新幹線の駅、市街地にも近く、有名温泉地もある。
北海道や白馬、野沢などみたいになっていてもおかしくないのに、
なんでだろうね??

強風で運休のリスクはあるけど、
トップシーズンのそのリスクは更に高いはずだし、
3月の平日八甲田、狙い目って事で間違い無いかな?



始発便は動きましたが、
山頂駅前は本日も爆風です。
ロープウェイが運行できるギリギリだったのかも。



今回も乗車券は株主優待を事前に購入しました。
現在の正規料金は、ロープウェイ片道1,250円です。
優待券の相場は900円前後。

お得に乗車する為の手段だったのですが、
今回、乗車券を、
余らせてしまいました(笑)

運休のリスクや、ツアーの行程次第で乗車回数は変わりますので、
事前購入は慎重に検討しなくてはですね…。



さて、
本日も八甲田山ガイドくらぶのツアーに参加です。
なんと、スキーヤーは1名のみ、
スノーボーダーも5名です。
前者にガイドさん2名、後者にガイドさん3名…、
予約不要の一般ツアーなのですが、これでは貸切のプライベートツアーと変わらない(笑)

平日は贅沢です。

そして、本日はワンデーツアー。
ちょっと長い道のりに出発です。



先ずは滑走移動を…なのに、
このお方、もうハイクする準備に入っている(笑)
パウダー大好きH氏がこんなにハイクにノリノリだなんて!
八甲田の白い粉の魔力ですね…。



吹雪で視界が悪いけど、どうにか見えるメロウな沢を滑って、



ちょっとだけ長いハイクがスタートします。



目の前の樹氷がどうにか見えるくらいの視界なのに、
ガイドさんは正確に目的地までのルートを歩む。
安心信頼できるガイドさんに感謝です。



この吹雪の中、
もし取り残されてしまったら、
間違いなく「天は我々を見放した!」になってしまうでしょう。



視界は悪いけど間近の樹氷はとても綺麗でした。
今回の遠征の心残りは、青空の下での樹氷も観たかったなってとこかな。
まぁ、ロープウェイが連日動いてくれただけで御の字ですが。



ドロップポイントに到着ですが、
ノリノリなのはパウダー大好きH氏だけ…。
四方八方何も見えないではないか(笑)



さいこ~!!

だけど、やっぱり見えない(笑)
酔いそうになりながら大きな沢地形を進むと…、



だんだんと視界が晴れてきたぞ!?



超ウルトラスーパーさいこ~!!



いや~良かった!!

沢って何でこんなに楽しいのでしょう。
まるでスノーボーダー(スキーヤー)の為に自然が生んでくれたのか、ってくらい奇跡の地形です。
人工物(整備されたスキー場)も楽しいけど、
天然モノ(自然そのままの山)こそ雪上を滑る者の欲求を最大限満たしてくれる究極なのでしょうね。

今回の沢はその中でも最上級、極上モノ。
斜度、距離、文句なしの沢ライド。
今まで滑った沢で一番美味しかったかも!?

今回の遠征で一番であった事は満場一致。
最終日だけいなかった某N先生…スミマセン(笑)



箒場岱ルート最後のぶなの森は、さすがに快適なツリーランとはいきませんでした。
ストックで漕ぎ漕ぎ、スノーボードなのに腕が疲れる過酷な下山であった(笑)



でも、帰還は例によってガイドくらぶのバスなので楽ちんです。
ロープウェイ山麓とは真逆のこんな所まで送迎して下さるのがありがたい。



今回の成田道場八甲田トリップ。
3日間ロープウェイが(朝だけでも)運行される白い奇蹟。
そして、
八甲田山ガイドくらぶのおかげで、八甲田パウダー祭りを存分に堪能できました。
ありがとうございました、また来シーズン!!



復路の新幹線までまだ時間があるので寄り道を。



何やらトッピングの種類が豊富です。



鶏ホルモン丼大盛りに無限にんにくをたっぷりと。



特製ラーメン大盛りと合わせていただく!



さいこ~!!

こーいうのでいいのです。
ジャンクな飯さいこ~!!

美味しいラーメン、美味しいご飯、店員さんの対応も良くて、店内も明るくて綺麗。
青森野呂家、リピート確定です!

ネットのクチコミの暴走で行列店になってしまったお店はダメだな(笑)



ホテルに戻ってパッキング。
往路はいいのだけど、復路のパッキングって面倒くさいよね(笑)



毎年遠征時にはお世話になるクロネコヤマトのスキー宅急便ですが、
今シーズンから専用のカバーに入れる事が義務付けられました。
昨シーズンまでこの袋は任意だったのですが…。

実際使用してみた感想ですが、
キャリーケースの持ち手や車輪が使えなくなるので非常に使いづらい!
利用者は受け取り後に袋を開ければいいので使いづらいのは一瞬ですが、
一番大変なのは現場のドライバーさんや仕分けの従業員だよなぁ。
こんな大きくて重い荷物にツルツルのビニール袋でカバーしちゃって、持ち手も車輪も使えない。
荷物が傷ついたとか汚れたとかのクレーム対策なのでしょうけど、
オールインワンケースって結構丈夫であり、そもそも汚れても傷ついてもいいモノであり。
それよりも、
こんな運搬しづらい仕様にして、放り投げたり雑に扱われる方が(中身の事を考えると)嫌だよなぁと。

昨今の社会情勢的に値上がりは仕方ないとして、
この専用カバー義務化は酷い改悪だと感じました。
まぁ、値上がりもえげつないけどね(笑)



お土産はアスパムで。
青森県で電波塔などを除けば一番高い建物だそうです。
えっ!?
確かに高いと言えば高いけど、15階くらいしかないし、
青森って高層ビルとか無い街なのですね。



海を観て帰ります。
向こうに見えるのは、
青森ベイブリッジと八甲田丸。

今回もう時間がないけれど、八甲田丸は次回ぜひ見学してみたいなと思いました。
これで、運休になった時の楽しみが見付かったぞ(笑)



キュンパス最終日。
新青森駅は平日だというのに大混雑でした。
東北新幹線は立ち客がいるほどの超満員。

大宮で乗り換えて越後湯沢へ。
3日間の成田道場八甲田トリップ。
ご同行いただいた仲間に感謝!
そして、
3日の休みで3日間フルに青森旅行を楽しめたのは、
新幹線トリップだったからこそ。
飛行機ではこの様な旅程は不可能でした。
JR東日本のキュンパスにも感謝です!

スキー場発表積雪量:250cm

使用板:GENTEMSTICK / SPEEDMASTER HAKKODA SPECIAL
ビンディング:FLOW / NEXUS FUSION
ブーツ:K2 / TARO TAMAI SNOWSURFER

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村









関連記事