かぐらスキー場不遇コースを考察する。

かぐらスキー場は、
「かぐらエリア」 「田代エリア」 「みつまたエリア」
3つのエリアから構成される巨大なスキー場です。
それぞれ特色がありコース数も沢山あります。

来場されたお客さんが滑る事が多いコースは

かぐらエリアなら
◆かぐらメインバーン
◆ジャイアントコース
◆テクニカルコース

田代エリアなら
◆アリエスカコース
◆ダイナミックコース
◆チャレンジバーン

みつまたエリアなら
◆ファミリーコース
◆大会バーン

などが花形コースだと思われ、
その他にも
◆かぐらpark
◆Area 51s park
◆Mitsumata Ups 'N' Downs
◆モーグルコース
◆バンクドコース
などパークやコブ、バンクドなど様々な滑走者に多彩なコースを提供してくれます。

もちろん、かぐらの魅力はコース内だけでなく、裏山の滑走エリアが豊富なのも最大の魅力。
“田代落ち”なんて下記のコースよりよっぽど有名ですもんね(笑)
もう何年もかぐらスキー場をホームとしているわたくしめですが、
飽きるどころか毎年新しい発見があり、11月から5月までのロング営業を楽しませていただいております。

そんな魅力的なコースが多いかぐらですが、
「え?こんなコースあったの?」
みたいなマイナーなコースをご紹介します。

かぐらスキー場 勝手にマイナーコースランキング(笑)

5位
◆下山コース




17-16シーズン、本日(12/16)よりオープンしました。
土日組の方には当たり前かもしれませんが、平日は基本的にクローズしているのです。
平日券組にとってはマイナーというかかなりレアコース。
ロープウェイのトラブルなどで極稀に開放される時を狙え!

4位
◆ゴンドラライン




みつまたエリアとかぐらエリアを結ぶ重要なコース。
みつまたロープウェイからかぐらで滑る方は必ず滑る事になるのですが、
シーズン始めと終わりは雪が少なくなり下地のピスラボが剥き出しになる事も。
初心者にはちょっと大変な斜度なので難関になる事も。
そして、
何よりこのコースが不遇なのは、
名前を憶えてもらえない事!
常連でも、「ゴンドラに行くコース」とか「かぐらに行くコース」とか、
「ゴンドラコース」と間違えていたり(笑)
名前を憶えてもらえない可愛そうなコースなのです…。

3位
◆林間エキスパートコース




近年は1/1より運行開始の第5ロマンスリフト通称“ゴロマ”の線下コース。
ディープパウダーや野生的なコブが楽しめる立派なコースですが、
滑走者はほとんどいないなんて事も!?
ゴロマに乗車する皆さんの目的はここではないようで(笑)

2位
◆ゴンドライーストコース




かぐらスキー場の最南端に位置するこのコース。
かぐら常連組でもあまり近寄る事が無い不遇コース。
ドラゴンドラで苗場に接続するのが目的って感じで連絡コースみたいに思われているのか。
実はスノーボードクロスの大会が行われたりもするちゃんとしたコースです。

1位
◆田代エリアの短い連絡コース




スカイラインコース
しらかばコース
かもしかコース
親切コース
田代湖コース
など、色々ありちゃんと名前も付けられているのですが、
名前が憶えられない(笑)

「次どこ滑る?」 「ジャイアント行く?」 「チャレンジ行こうよ!」
なんて会話は日常茶飯事ですが、
「今日どこ滑る?」 「かもしかコース行こう!」 「次はしらかばコース滑ろう!」 「ゴンドライーストコースはどうかな?」
これじゃどこのスキー場にいるのか分からない(笑)

これらを全て把握している方はいるのだろうか??
短いけどかもしかコースとか面白いんだけどな。
田代エリアはリフトの接続がもうちょっと良かったららなぁといつも思っちゃいます。

以上独断と偏見による勝手にマイナーコースランキングでした。



今シーズンはマイナーなコースも積極的に滑って、せめて名前はちゃんと憶えよう(笑)

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント