北海道遠征、スノーギアのパッキングも楽しい時間。



今シーズンも北海道遠征が近づいてきました。
飛行機で遠征する際、板やブーツなどの大きくて重い荷物は宅急便で送ってしまうのが楽です。



所有する板で一番長い「GENTEM STICK IMPOSSIBLE」の長さが186cm。
スノーボードケースで探しても、あまり長さに余裕があるケースはありません。
もう少し短いケースなら選択肢も豊富なのですが。
スノーボードだと186cmは長いけど、スキーなら珍しくもありません。
でも、スキーケースって例の“メーカー名がドーン”のダサいケースしか見つからず…。

そこで、昨シーズンまで板を送るのに使用していたのは、
「PATAGONIA / BLACK HOLE SNOW ROLLER」

購入の決め手は、秀逸なデザインと“190cm”まで対応する長さ。
ハードケースではありませんが、しっかりとした補強がされており、
軽さと頑丈さが絶妙に両立されており、信頼できるケースです。

信頼できるケースですが、色が…(笑)
インポッシブルが入り、グリーンのケースがどうしても見つからず今まで妥協していましたが、



ついに色と性能を両立した素敵なケースと巡り会いました。

「DOUCHEBAGS / The Db Ski Bag」

こちらのケースは、“210cm”まで対応する余裕の容量。
今後、更なる長くて太いスキー板に乗る事になっても対応出来ます。



もちろん、インポッシブルも余裕で収まります。

宅急便で発送するだけのケースなので、何でもいいと言えばそれまでなのですが、
大切なスノーギアを収納するケース、素敵な色で梱包してあげたいですよね。
やっと遠征時の違和感がひとつ無くなりました(笑)



特筆すべきは、収納時、クルクル~っと小さく畳める構造。
短い板を収納した場合も余った上部を畳んでコンパクトに持ち運ぶ事が出来ます。
滞在先のホテルやオフシーズンなど、デカいケースは邪魔になるので便利です。



パタゴニアブラックホールと比べると横幅が小さいので、収納スペースは少なくなりました。
ブラックホールはスノーボードの場合、
板2枚、ビンディング、ブーツ、ウェア上下、ベースレイヤーやソックス、スノーシュー、BC道具、グローブなど小物類、
これだけ入れてもまだ余裕がありビールやらおつまみやらも詰め込んでいました(笑)

DOUCHEBAGSはそこまで容量が無いので滑走用具1セットが限界かな。
遠征前のパッキング、何気に楽しい時間です。
実はもうすぐそこに迫っている北海道遠征ですが、
滑走用具をまだ決めていません(笑)
スキーにするかスノーボードにするか、それとも両方?
こんな妄想している時間も楽しみのひとつです。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント