ブーツに付着する雪の悩みにスノースプレー。





昨シーズンから使用しているスキーブーツ「K2 / PINNACLE 130」
履き心地も良く、何より色が素晴らしくとても気に入っているのですが、
新雪を踏むと鬼のように雪がまとわりつき、ビンディング装着がとても大変な状態に。

皆さんストックでポンポンと叩いてカチャっと装着されていますが、
ポンポンと叩いた程度じゃ取れないくらい雪とブーツが一体化しています。
雪は好きだけど、ブーツに付く雪は好きじゃない(笑)



まだ2シーズン目が始まったばかりで新しいブーツな気がしていましたが、
数えてみたらすでに“130日以上”使用していました。

ブーツの経年劣化、
使用年数、使用日数、使用負荷による劣化、保管状況、
様々な要因があると思いますが、どのくらい持つモノなのだろう。
使用感にヘタリなど感じられず、加水分解するまで使おうと考えておりましたが、
シェルの傷とソールの減りが激しいです。

雪がまとわりつくのはこれが原因なのか!?
だとしたら、犯人はもうあそこしか…、
乗鞍大雪渓での夏~秋スキー。
滑走時以外はソールプロテクター“FOOT WALKER(フットウォーカー)”を使用していますが、
どうしてもちょっとした移動や休憩時はそのままの事も多く。
雪が無い場所は岩場ばかりなので、普通の使用より傷だらけになってしまうのは仕方ないのか。



ゲレンデスキーなら多少時間がかかってもガシガシ雪を削って落とすしかないのですが、
BCともなると時間的ロスは同行者に迷惑になるし、過酷な環境下ではとても大変です。
さて、どうしたものかと考え、ある商品を発注してみました。



雪の付着防止に最適
「スノースプレー」

スノーダンプやシャベルに雪が付着するのを防止する、
雪国の方向けの商品のようです。

4本送料込みで1,080円なので効果が無くても諦められる価格。



中身はシリコンスプレーのようで。



さっそくブーツのソールに使用してみます。



これは効果アリ!

全く雪が付かないって事はありませんが、
ストックで軽くポンポンとすれば落ちます。
ビンディング装着が劇的に楽になりました。

成分的に、ホームセンターなどで売っているシリコンスプレーで代用出来ますね。
安価なのも嬉しい!

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント